techtrend seminar「なりすまし詐欺」対策システムとその特許

Description
新型コロナウィルスを悪用する「なりすまし詐欺が増えています。WHOやCDCにもなりすました詐欺目的のメールが横行していると言われています。
この「なりすまし詐欺」の主な手口は、偽サイトに誘導してログインIDやパスワードなどを奪うフィッシング詐欺、パスワードを搾取するため考えられる文字列を片っ端から試すアカウントリスト攻撃、SNS乗っ取り、なりすましメール、チケットなどの通販詐欺、有名人のアカウントなりすまし、など多岐にわたっています。
これら詐欺行為から財産、情報を守る操作・運用上の対策としては、本物のサイトかチェック、メール差出人のチェック、安易なURLクリック回避、パスワードの定期的変更と使い回しをしない、2段階・2要素認証、知らない人からの友達申請やメッセージを受けない、などが挙げられます。

今回のtechtrendセミナーは、この「なりすまし詐欺」に対するシステム面の対策とその特許について先進企業の事例をご紹介します。

---------
【開講日時】2020年10月6日(火)18:30~19:30 (講義50分、質疑10分)

【開講場所】オンラインセミナー

【受講料】無料
【定 員】100人

【配布資料】ご用意していません。

【講師】河野特許事務所 所長 弁理士河野英仁
   
   1996年立命館大学理工学部電気電子工学科卒業。
   1998年立命館大学大学院理工学研究科情報システム学博士前期課程修了。
   1999年弁理士登録。
   2003年Birch,Stewart,Kolasch,&Birch,LLP(米国Virginia州)勤務。
   2005年Franklin Pierce Law Center (米国New Hampshire州)知的財産権法修士修了。
   2007年特定侵害訴訟代理人登録、清華大学法学院(北京)留学。
       中国知的財産権法夏期講習修了。
   2009年~日本国際知的財産権保護協会(AIPPI)
      「コンピュータ・ソフトウェア関連およびビジネス分野等における保護」
       に関する研究会委員。
   2010年北京同逹信恒知識産権代理有限会社にて実務研修。
   2011年~東京都知的財産総合センター専門相談員。
   2012年~日本IT特許組合パートナー
   2016年MIT(マサチューセッツ工科大学) Fintechコース受講
   2018年MITコンピュータ科学・AI研究所 AIコース修了
   言語:英語、中国語
Tue Oct 6, 2020
6:30 PM - 7:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
受講申込
Organizer
日本IT特許組合
236 Followers
Attendees
19

[PR] Recommended information